これも時代の流れ?!ルービックキューブも「3D」に。めっさ複雑怪奇。。

映画「アバター」の大ヒット以降、他の映画はもちろん、テレビやゲーム機までも「3D」の流れが来ている2010年~2011年。

そして、古典的なおもちゃであるルービックキューブまでもが「3D」に!?

6面の色を揃えるというゴールは通常のルービックキューブと同じなのですが、なんとそれぞれのブロック(エッジキューブ)に歯車がついていて、回すたびになんだかカオスな動きに。。

実際にやっている姿を見ても、正直、何が何だかよくわからない複雑さです。。

3Dギアキューブ:予想外の回転が手ごわい次世代キューブパズル!

関連動画