[野球]前進守備から「6-6-3」で処理した井端弘和の伝説のダブルプレー

6年連続でゴールデングラブ賞を獲得した名手・井端弘和の驚愕のダブルプレー。

同点で迎えた終盤8回ウラ、ワンアウト満塁のピンチの場面。

高橋由伸がセンター前に抜けそうかという打球を放つ。

抜けたかと思った当たりをショートの井端弘和が捕球。

しかし無理な体勢では本塁に送球できないと判断した井端は、前進守備から二塁を踏み、カバーに入った荒木雅博をお互いにかわしつつ一塁へ送球し、見事にダブルプレー。

実況も思わず『なんという井端』と絶句し、解説の掛布雅之、江川卓ともに絶賛した「6-6-3」のゲッツー。

なんという井端 信じられないプレー

関連動画